カップル

妊娠線は早めにケアをすることで予防できる

妊婦の美容を守る対策

お腹

妊娠線は、急激な体型の変化に真皮が付いていけず、断裂してしまうことが原因で現れます。現れやすい人や現れにくい人と体質によって分かれますが、保湿ケアや血行促進ケアによってあらかじめ予防しておくことが大切です。

妊娠中のボディケア

クリーム

妊娠した多くに女性が気にする妊娠線の予防には、体重管理と毎日のこまめな保湿、マッサージが重要です。また、妊娠中はホルモンバランスの崩れによりシミが出来やすい時期でもあるので、美白効果のあるクリームを使うようにするとより効果的です。

早めの対策が肝心

女性

お腹が大きくなる力に対する予防が後手に回り、できてしまった妊娠線を消すことは非常に困難です。そのため、妊娠線ができやすくなる妊娠5か月目ごろからお手入れをするのではなく、妊娠がわかった時点からすぐに、保湿力の高い化粧品でケアすることが求められます。

早めのケアが大切

手

サインを見逃さない

妊娠線は1度できてしまうと、解消するのが難しいと言われています。ですので、出来てしまう前にしっかり予防する事が大切です。妊娠線とは文字通り、妊娠中の女性に起こる症状です。妊娠によって、急激にお腹の皮膚が伸びてしまう事で起こります。体質などによって個人差はあるものの、妊娠線が1本だったり複数入るケースもあるようです。お腹に入る線もスイカの皮のようだったり、イナズマのような形やお腹の真ん中に1本の線が入る小中線など様々です。見た目的にかなり目立ってしまう事もあり、妊娠中の多くの女性は妊娠線を気にします。実は、妊娠線が出来るサインがある事をご存じでしょうか。妊娠線は皮膚の1番上だけでなく、その下にある深い部分も一緒に伸びます。真皮や皮下組織が伸ばされた時に、皮膚の1番上にある表皮という層が中に引っ張られると、痒みを起こすケースが多いようです。少し痒みを感じるようになったら、妊娠線が出来る可能性が高い為、できるだけ早く予防するようにしましょう。妊娠線の予防ではクリームやオイルを使い、マッサージするのが有効です。皮膚をクリームやオイルで保湿し、マッサージで柔軟性を高める事によって、妊娠線ができにくい状態を作ります。これらの予防で確実に妊娠線が出来ないとは限りませんが、出来るリスクを抑える事は可能です。予防はお腹が大きくなり始める、約6か月程度から始めると良いでしょう。ただ、妊娠中は体がとてもデリケートになっているので、体調を見極めてケアする必要があります。