女性

妊娠線は早めにケアをすることで予防できる

妊娠中のボディケア

クリーム

美白クリームでマッサージ

妊娠中の約10ヶ月の間に、女性には様々な要因による身体の変化が表れます。その中でも妊娠期間中、特に気になるのは、妊娠線ではないでしょうか。妊娠線は、妊娠により皮下組織が短期間で引っ張られ亀裂が生じる事により起こります。また1度出来てしまうと簡単には消せずとても厄介なものです。それを予防するために1番重要なのは保湿をして充分に水分を保つことです。また、マッサージして肌に柔軟性を持たせることも大切です。その際使用するのは妊娠線予防専用のクリームやジェルではなくとも、普段使っているボディークリームでも十分効果的です。コツはこまめに1日何度も塗ることです。脱衣所や寝室、リビング、トイレなど日常の行動範囲にいくつか置いておくのがオススメです。また妊娠中はホルモンバランスが崩れ、体中にシミがとても増えやすくなります。出来てしまっても妊娠中はレーザー治療は出来ないので、予防のためにもメラニンの生成を抑えるアルブチンや、ビタミンC誘導体など、美白効果のあるクリームを選ぶと良いでしょう。ここで注意ですが、9ヶ月頃まで妊娠線が出来ていなくても安心はできません。最後の1ヶ月は、最も急激に赤ちゃんの体重が増加し、妊娠線が1番出来やすい時期でもあるのです。そして見落としがちなのが下腹部。この時期になるとお腹が大きく自分では気付きにくい場所なため、鏡を使ったり、定期的に家族に頼んで確認してもらうようにしましょう。また自分自身の体重管理も大切ですね。妊娠線は出来ないよう予防することが最も大切です。しっかりケアをして綺麗な肌を維持しましょう。