女性

妊娠線は早めにケアをすることで予防できる

妊婦の美容を守る対策

お腹

一度出来たら消せない線

妊娠線は、一度出来てしまうとほぼ消すことが出来ないと言われているため、妊婦にとってはかなり大きな脅威と言えます。妊娠線は予防が基本中の基本で、徹底的な予防ケアが何より重要。体質によって出来やすい人もいるようですが、主な原因は急激な体型変化に伴って皮下組織が裂けてしまうことです。表皮は比較的伸縮性があるので、お腹や胸などが大きくなっても対応して伸びることが出来るのですが、真皮や皮下脂肪にはそこまでの伸縮性がないので、内圧で引き伸ばされると断裂してしまいます。断裂したからといって痛みなどはほとんどありませんが、むず痒くなったり内出血で赤黒くなったりするので不快な症状になります。出産後も亀裂は戻ることがないので、引き伸ばされた後のビニールのようにテカテカな白い線が皮膚表面に残るので、美容的にもかなりショックですね。お腹だけでなく胸や太ももの付け根、お尻にも妊娠線は出やすい特徴がありますので、出来やすい部位を徹底的に予防ケアしておく必要があります。一番有効とされている予防法は、妊娠線予防のための保湿クリームを出やすい場所に塗っておくことです。ただし、避けるのは真皮なので、表面の角質層だけ保湿しても効果は半減です。専用クリームは肌への浸透性が高く、予防しやすいと言われていますが、残念ながら100%予防出来るというものではないのでそこは理解しておきましょう。引き伸ばされた時に断裂しにくくなるように、マッサージで血行を良くしておくことも有効です。