女性

妊娠線は早めにケアをすることで予防できる

早めの対策が肝心

女性

始める時期とアイテム

妊娠するとお腹を中心に、脂肪の多いバストやヒップ、太ももにもできてしまい、悩みの種となるのが妊娠線です。子供を身ごもった女性としては自慢していいものなのですが、残念ながらケアが十分にできていないと出産後も消えることはなく、跡になって残ってしまい、後悔することがよくあります。妊娠線はお腹が急激に大きくなる妊娠5か月目ごろからでき始めますが、妊娠がわかるのが2〜3か月頃というケースがほとんどですので、妊娠しているとわかった時点からケアに取り組み、予防するのがおすすめです。それというのも、妊娠線は急激に皮膚が引っ張られることにより、皮膚表面の下の層で引っ張る力に耐えられず、断裂を起こしてしまうのが原因です。この断裂を防ぐために重要なのが、皮膚に保湿成分をしっかり与え、ハリと弾力を持たせておく予防にありますので、対応は早ければ早いに越したことはありません。仮に妊娠3か月の時点でわかり、早々に妊娠線予防クリームなどの高い保湿力を持った化粧品で、お腹を筆頭に脂肪の厚い部分すべてに毎日塗り込んでいたとしたら、お腹が大きくなる妊娠5か月目頃には、かなり皮膚にハリと弾力が与えられているはずです。引っ張る力に耐えられるだけのしなやかさができていれば、真皮層にあるコラーゲンが断裂して赤黒い線ができ、それが出産後にはテカテカ光る白い筋となって残ることもありません。できてしまってからの対処はひどく困難ですので、とにもかくにも保湿力の高いクリームやオイルなどの化粧品で予防することがもっとも大事です。